fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
狼狽していた理由
2024年05月17日 (金) 22:26 | 編集
 
今夜の当院はラス前の患者さんはK嬢で3ヶ月毎のメインテナンス、ラストの患者はおいらの根管治療でした。
先週の金曜に引き続いて当院OBのMTS先生に来ていただき、治療をしていただきました。
おいらの右上6番(今月6日に何も言われずに抜髄されてしまった例の歯です)も、なんとか根管充填にまで漕ぎ着けました。

歯科関係者以外の方は、6日以来、おいらが何故こんなに狼狽していたのか理解に苦しまれた方も多いと思われます。
そんなわけでちょっと説明を・・・

抜髄とは歯の中の歯髄(神経と血管)を取ることです。
一旦取ってしまった歯髄は再生しないので、元には戻りません。
歯髄を失った歯のことを失活歯と言いますが、失活歯は、歯髄のある生活歯と比較して格段に脆くなります。
よく枯れ木と生木に例えるのですが、歯根破折が起こるのは、ほぼほぼ99%が失活歯です。
歯根が破折すると、殆どのケースで抜歯になります。
そのため現代の歯科治療では、やむを得ない場合や特別な理由のあるケースを除いて抜髄は極力回避し、歯髄の保存に努めます。
よって、抜髄をする場合は、必ず事前に説明をして患者さんの合意を得ます。
ましてや痛みもない歯の抜髄をするなら、なおさらです。
その肝心の説明が今回は全くなかったわけです。
しかも休日急患診療所という性格上、後継処置は他院に任せるわけですから、あくまで応急処置にとどめるべきところ(今回なら破折片の除去にとどめるべきところ)を、明らかなオーバートリートメントが行われ、その後に中途半端な抜髄処置の結果として残随炎から歯根膜炎までを惹起したわけです。
さらに今回の歯(前から数えて6番目の歯)というのは、咬み合わせの鍵になる非常に重要な歯なので、心の動揺に拍車がかかりました。
今回の事件に関しては、それを阻止できたタイミングも何度かあったのに、ことごとく逃してしまった自分が悔しくて情けなくて、この感情を自分の心の中に閉じ込めることもできず、本欄に自分の狼狽ぶりを書き込ませていただき、感情の沈静化を模索しておりました。
今でも、「抜髄しますね」の一言さえあれば、、、の思いは強いですが、自分の常識や良識を他人に当てはめて「まさか何も言わずにそんなことをするはずがない」と勝手に思い込んではいけない、ということは心に刻むことができました。

さて、昨日今日と横須賀では日本小児歯科学会が開催されており、ウチの嫁さんも講演をしたり裏方さんをやったりしておりました。
そんなわけで、会場で余った弁当を持ち帰ってきてくれました。


IMG_8048.jpeg


おお、崎陽軒の横濱中華弁当じゃないですかぁ。


IMG_8049.jpeg


さすが駅弁界の王者、崎陽軒。
冷めても美味い、いや冷めてこそ美味い、素晴らしい弁当でした。
でも、今後死ぬまで1種類しか食えません、と言われたら、コレではなくシウマイ御弁當を選んじゃいます。
それほど究極の完成形なんですナ、アレは。



17年ぶりの美味しい店
2024年05月16日 (木) 22:40 | 編集
 
仕事終わりで藤沢市街に出ました。
今日の目的地は久々に訪れた「獺祭」というお店。
どのくらい久々かというと前回の訪問が2007年8月4日ですからなんと17年ぶりというね。

それではまずビールから行ってみましょう。
銅製のジョッキの触感もまた味のうち。


IMG_8024.jpeg


お通しは野菜と烏賊の七輪焼き。
焼き方が絶妙だと旨すぎます。


IMG_8025.jpeg


このお店の名物が手羽先だというので注文してみたところ、なるほどこれは美味い、ビールにも合いますなぁ。


IMG_8027.jpeg


続いてのアテはアボカドナムル、胡麻油の香りがイイ感じ。


IMG_8030.jpeg


豆腐のカプレーゼ、トマトは元々ビールに合いますよって。


IMG_8031.jpeg


そして刺身の盛り合わせが来たんですけど、鰹が特に美味かったんですけど、写真撮影は痛恨の失念。


IMG_8033.jpeg


マリアージュしたのはは千葉県山武市の寒菊銘醸というところの純米大吟醸。


IMG_8035.jpeg


続いて金魚が泳いでいるかのような可愛らしい猪口がやってまいりました。


IMG_8036.jpeg


お酒は三重県名張市の而今という純米吟醸酒です。


IMG_8037.jpeg


アテは烏賊の塩辛入りのジャガバター。
ヌードル状になっているのはバターです。


IMG_8041.jpeg


お酒は広島県呉市の相原酒造というところの元平というお酒。
雄町を使った純米酒で塩辛とベストマッチです。


IMG_8042.jpeg


アテの〆はさつま揚げ。
お酒は船中八策でキリッとグラスででスイスイ。


IMG_8045.jpeg


2軒目は「ワイン酒場201」にてテンプラリーニョをスイスイ。


IMG_8046.jpeg


アテはお約束のハムカツです。


IMG_8047.jpeg


適度な酔い方でイイ感じで帰宅いたしました。


旬鮮炭火焼 獺祭
080-7507-8615
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-1-15 富洋ビル1F
藤沢駅から徒歩4分。
17:00〜23:00(L.O.22:00)
不定休

ワイン酒場 201
0466-29-7686
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-1 飯田屋ビル2F
藤沢駅から徒歩2分
月~金16:00~22:00(LO)
土日祝15:00~22:00(LO)
無休(年末年始を除く)



横須賀の夜は有意義な夜
2024年05月15日 (水) 22:39 | 編集
 
大切な友人が入院したことがどうしても頭から離れなくて、、、昨日は「酒を飲んでいる間は一応忘れられる」なんて書きましたが、正しくは、酔っている間はまぁ忘れていられるんですけど、酔うまでの間はむしろ彼との楽しかった飲み会の数々とかを思い出しちゃって、結構凹みます。

そんなモヤモヤした心とは裏腹な、爽やかな水曜の朝です。
朝も早よから江ノ電に乗って鎌倉へ、、、車窓から眺める朝の七里ヶ浜の海が綺麗。


IMG_7998.jpeg


鎌倉から横須賀線に乗り換えて横須賀に到着。
朝の軍港も風情があっていいですね。


IMG_8001.jpeg


オクトーバーフェストの設営がそのままになったヴェルニー公園。


IMG_8004.jpeg


青空も清々しく良い散歩道になっています。


IMG_8008.jpeg


そういえばヴェルニー公園は薔薇の花も綺麗。


IMG_8010.jpeg


神奈川歯科大学に到着して、夕方までミッチリ歯周病学実習の担当です。
今日は豚の顎骨を使った歯周外科の実習でした。

昼休みは大滝町で鮪のすき身丼。


IMG_8011.jpeg


実習終わりは歯周病学分野の皆さんと「煌蘭」で懇親会。
若い人達と交流出来る貴重な機会です。
そしてこのお店の焼飯が美味いことを知るの巻。


IMG_8013.jpeg


セルフ飲み放題なのを良いことに角瓶をコーラで割って贅沢コークハイを作ってみたりして。


IMG_8014.jpeg


最後は皆で記念撮影。
ついでにおいらのカメラでも自撮りさせていただきました。
皆さんの良き表情が嬉しい。


IMG_8015.jpeg


その後は2軒目ということでKDM先生と飲みに行きました。


IMG_8020.jpeg


そしたら昔の教え子だったYSN&MRI両先生と偶然遭遇するというね。
今やふたりとも立派になっておられて嬉しい限り。


IMG_8021.jpeg


そっか、横須賀では明日から小児歯科学会が開催されるのでした。
店内には学会参加される新潟からの若手の先生方もおられて軽く交流させていただいたりなんかして。

楽しくお喋りした後は京急バスに乗って帰宅の途に。


IMG_8022.jpeg


電車も横須賀〜大船〜湘南江の島と乗り越すこともなく無事に帰ることができました。


煌蘭 横須賀店
046-822-2339
神奈川県横須賀市大滝町1-10 さいか屋横須賀店 南館 2F
横須賀中央駅東口徒歩5分
11:00〜22:00(L.O.20:30)
定休日:元日



モヤモヤして凹む
2024年05月14日 (火) 22:27 | 編集
 
昨日書いた友人のことを案じているうちに頭から離れなくなってモヤモヤして凹んでおります。
そのせいかほぼ痛くなくなった右上6番も少し痛くなってきちゃった。
自分がクヨクヨしたところで状況は変わらないんだけど、どうしても余計なこと考えちゃいます。
昨日が休肝日だったんで、一応今夜は酒を飲んで、酒を飲んでいる間は一応忘れられるんですけど、、、あまり良い飲み方ではないですね。



きついなぁ
2024年05月13日 (月) 21:47 | 編集
 
歯の痛みはさらに軽減しました。
心の痛みもさらに軽減しました。
おかげさまでかなり立ち直っております。

でもそっちが立ち直ったと思ったら、今度は別のことで落ち込んでいます。
一昨日の土曜日に友人から「入院したので今度の集まりは欠席で」という知らせが入りました。
その時は「あらら入院ってそりゃ大変じゃん」「早く退院できるといいね」くらいに考えていたのですが、、、今日(13日)になって新たな情報が入って、その情報が本当なら、考えていたのとは違う次元なんだということに。。。
大切な友人なので、ちょっと受け止めきれないものがあって、、、これはきついなぁ、、、と。



横須賀で散髪&飲み
2024年05月12日 (日) 22:41 | 編集
 
おかげさまで歯の痛みはかなり軽減されました。
今日は曇天でゴールデンウィーク明けの日曜日ですが、観光客はそこそこ多めの江ノ島近辺です。
午前中はランニングをして、午後からは横須賀にお出かけ。


IMG_7974.jpeg


ヴェルニー公園では5月なのに何故かオクトーバーフェストが行われており賑わっておりました。
ちなみにビールは500mlが¥1600、1リットルで¥3200でして、高っ、、、円安とはいえ、もはや贅沢品の域ですな。
公園内には「よこすか近代遺産ミュージアム ティボディエ邸」がありまして、軽く見学させていただきました。


IMG_7976.jpeg


その後は本町の「アゴラ コスモポリタン」で茂木(もてぎ)さんに散髪していただきました。


IMG_7977.jpeg


散髪終わりは「もつ肉ハッピー」で横須賀飲みです。


IMG_7980.jpeg


ポテサラの美味いお店にハズレなしの法則はここでも健在。
欲を言えば、頂上付近のマヨネーズは余計かな、と思うのですが、キャベツで食えば問題なしということを発見。
これで名実とともに超優秀ポテサラであります。


IMG_7983.jpeg


そして看板メニューの塩もつ煮。
今回も大満足でお代わりもしましたです、はい。


IMG_7984.jpeg


レバ焼き串もウマウマ。


IMG_7985.jpeg


テッポウも馬馬。


IMG_7986.jpeg


ハツのユッケは日本酒との相性が素晴らしく良いことを知るの巻。
このマリアージュは次回からも実践してゆこうと思うものです。


IMG_7987.jpeg


そして建前は、必ずペレットで焼いて食ってね、という自己責任レバ刺し。


IMG_7988.jpeg


初体験の肉豆腐、ピリ辛で旨旨。


IMG_7989.jpeg


2軒目はお約束の「コネリ」で、コスパ抜群(おいらの中で第2位)の美味しいマルゲリータを赤ワインとともに喰らうの巻。


IMG_7993.jpeg


ついでに邪道だけど美味しいジャーマンピザもいただきます。


IMG_7994.jpeg


満足して帰宅の途につきました。
横須賀駅の売店に浜梨の氷結ってのがあったので、買っちゃいました。
これが意外と美味くて、デザート代わりに良いですな。


IMG_7995.jpeg


横須賀線に乗って程なく眠りに落ちちゃいまして、ハッと目覚めて「ヤバイっ」と外に出てみると、そこは逗子駅で「ホッ」、、、


IMG_7997.jpeg


っとしたのも束の間、また眠りに落ちちゃいまして、気づけばそこは戸塚。
被害は最小限で済みました。
ヨカッタヨカッタ。


もつ肉ハッピー
046-823-2505
神奈川県横須賀市若松町1-11
横須賀中央駅より徒歩1分
16:00~24:00
無休

ピッツェリア バール コネリ
046-827-1199
神奈川県横須賀市大滝町1-10-1
横須賀中央駅より徒歩約3分
11:30~15:00
17:00~23:00(LO.22:00)
土日祝:11:30~23:00(LO.22:00)
無休



イカスミパエリアッテNo. 1
2024年05月11日 (土) 22:38 | 編集
 
仕事終わりで横浜に出ました。
横浜と言っても川崎に近い鶴見です。
向かった先は鶴見駅前のサルビアホール。
今夜は嫁さんが出演するオペラの鑑賞です。


IMG_7960.jpeg


ちなみに会場も満員御礼でして、コロナ禍明けの活況という感じで何よりであります。

オペラ終わりは、花より団子で反省会。
鶴見といえば、スペイン料理、前回に味をしめた「PEKO PEKO」であります。


IMG_7961.jpeg


まずはオリーブをアテにビールをスイスイ。


IMG_7962.jpeg


ロシア風ポテサラは、酢漬けの野菜を上手く使って旨くなっていると拝察する逸品です。
ええ、ポテサラの美味いお店にハズレなしの法則は健在です。


IMG_7964.jpeg


蛸のガリシア風は、なかなか和風では得られない味付けでして、下敷きになっているジャガイモと相まって、ビールのアテに大好適なんですな。


IMG_7968.jpeg


ここでホタルイカと白アスパラを使ったサラダがやってきました。
ホタルイカのサラダっていうのがね、白アスパラとの相性も良いもんで、白ワインも欲しくなってビールとチェンポンで愉しむの巻。


IMG_7965.jpeg


その後はハモンセラーノが続き、お約束のテンプラニーリョの赤ワインへとシフトチェンジいたしました。


IMG_7967.jpeg


このお店って卵料理がまた素晴らしくてですね、まずはスペインオムレツのジャガイモが入ったやつ。


IMG_7970.jpeg


お次はグラタン風オムレツですけど、これがすこぶる美味いんですわ。


IMG_7971.jpeg


そして、真打と言って良いでしょう、イカ墨のパエリアが御降臨。
自分にとって今のところ、このお店のがナンバー1で、僅差のナンバー2が先日行った「エラルテ」のですかね。
レモンをパエリア内の烏賊に絞って白ワインと共にいただけば、至福の口腔内と相成りますです、はい〜。


IMG_7972.jpeg


最後は初体験の「米の代わりにパスタを炊いたパエリア」という「超濃厚」な代物。
どんだけ海鮮エキスが染み込んでいるんだっていうね。


IMG_7973.jpeg


いやはや美味しくいただきました。
ぜひぜひぜひまた来ます。

帰宅は湘南モノレールの最終便でした。
ちなみに夜になって朝よりも歯の痛みは軽減してきております。
MTS先生ありがとうzzz


PEKOPEKO
045-642-5820
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町18-9-104
鶴見駅から徒歩1分
11:30~14:30
17:30~23:00
日曜・第1第3月曜定休



説明って大切!
2024年05月10日 (金) 22:27 | 編集
 
当院は昨日、一昨日と2日連続で休診日だったせいもあり、特にこのところ寒暖差が大きいということもあり、急患の方が何人もいらっしゃいました。
今日は全てが外れた・かけた、ですね。
コロナ禍以降、当院では間違いなく、外れた・かけたという患者さんが増えました。
それから、激しいファセット(咬耗)や、極端なWSD(楔状欠損)も間違いなく増えました。
要するに、皆さんコロナ禍以降、以前よりも噛み締め・食いしばり・歯ぎしりが明らかに増しているということだと思います。
コロナ禍を経てストレスフルな生活になったんだろうな、と思うと同時に、もしかしてこれってコロナの後遺症のひとつ?、とか、ワクチンの副作用のひとつ?、とか邪推してしまいます。

さて、そんな急患過多な診療終わりで、最後の患者はおいら自身です。
今夜は当院OBのMTS先生が、わざわざ当診療室まで来てくれたのでした。
6日に抜髄されてしまった、件の右上6番の後処置をお願いしたというわけです。
根管治療は最初から最後まで1人のドクターが行うに越したことないのですが、今回ばかりはそういうわけにまいりません。
仮封を外したところ、綿栓は2本入っておりましたが、今日は残随していた口蓋根を含め3根管の処置をしていただきました。
6日の時には皆無だった当該歯の状況説明も詳しくしていただき、おかげさまで気持ちがかなり落ち着き、楽になりました。
明日以降、この歯の痛みが徐々に緩解してゆくことを期待したいと思います。

、、、今夜はお酒が美味かった。



Powered by . / Template by sukechan.