fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
飛行機に乗れなくて困っているのに、機内サービスばかり充実しても、、、
2024年02月27日 (火) 22:27 | 編集

今日(27日)の読売新聞の見出しは「想定より早く進む少子化、昨年の出生数は8年連続で過去最少…婚姻90年ぶりに50万組割れ」であった。

記事内容は、、、(以下転載)
厚生労働省は27日、2023年の国内の出生数(速報値)が過去最少の75万8631人だったと発表した。
前年比5.1%減で、過去最少の更新は8年連続となる。
婚姻件数は同5.9%減の48万9281組で、90年ぶりに50万組を下回った。婚姻数の増減は数年遅れて出生数に反映されることが多く、少子化は今後も進行すると予想される。
国立社会保障・人口問題研究所による昨年4月の推計では、出生数が75万人となるのは2035年頃と見込んでいた。
少子化は想定を遥かに上回るスピードで進んでいる。(転載終わり)

岸田首相の「異次元の少子化対策」という発言があったのはもう1年以上前のこと。
2022年の出生数が80万人割れとなりそう、ということを受けての発言だったことも記憶に新しい。
そもそも政府の少子化対策の「大いなる誤解」に気づいている国民は少なく、それを指摘するマスコミもほとんどない。

まず、戦後に核家族化が進んでからは現在に至るまで、ひと組の夫婦が何人の子供を作るかという点では、ほとんど変化がない。
少子化の根本的原因は「若い夫婦が子作りに消極的になった」ではなく「結婚する人が減ったから」ということである。

政治家やマスコミがよく言う「子育て支援」「子育てしやすい社会」はもちろん大切だが、それでは少子化対策の決め手にはならない。
飛行機に乗れなくて困っているのに、機内サービスばかり充実しても、ということだ。

余計なお節介を嫌う社会風潮によって、増婚マシーンだったお見合い結婚は昭和末期には既に壊滅済み。
平成中期にはセクハラが声高に叫ばれるようになり、職場恋愛〜職場結婚が激減し、晩婚化〜非婚化が促進された。

岸田首相は「少子化の傾向を反転させる」と言っているが、これは政治的スローガンであって、反転は到底無理だ。
既に確定路線である出生数の減少を前提に、どのような社会を作ってゆくかが重要である。
30年後の30歳人口は現在の7割ほどになる。
そうなると、自衛隊・警察・消防が機能しにくくなり、目の前の日常生活のありとあらゆる前提条件が崩れ、災害には滅法弱い国となる。

過去に忘備録としてコピーしておいた文章があるが、今、それをペーストしようと思う、、、(以下転載)

リベラリズムは、産む自由・産まない自由をそれぞれ保障し、政治権力がこれに介入することを強く批判する。
だが、リベラリズムが愛してやまない「個人の自由・人権」を担保するのは国であり、その国を維持するのは人口動態であるという致命的な矛盾を内包する。
そして国は、自分たちの生殖によってしか維持できない。



誰も見捨てるなんて言えないけど・・・
2024年02月08日 (木) 22:27 | 編集
 
能登半島地震の発生から40日ほどが経過しました。
今回の国や県の対応を見ていると、これまで起きた震災の時とは雰囲気が違うな、と感じます。
何がどう違うかというと、今回は「長期的には」被災地を「見捨てる」可能性が高いということ。
もちろん短期的には見捨てないでしょうし、個々の被災者に対しては短期的にも長期的にも見捨てはしないでしょう。
被災地の地元自治体は、市長や町長を筆頭に地元の完全復興を目指すと言い、国や県に対してもそれを要望するでしょう。
でも、政治家はもちろん、国も県も、そしてマスコミも絶対に口が裂けても言わないし、言えないけど、長期的に見れば、緩やかに、徐々にではあるけれど、被災地を見捨てる方向性へとシフトして行かざるを得ない、、、そう考えていることが端々から見えてくるのです。

map.gif

今回の地震による主な被災地は、いわゆる「奥能登」と呼ばれ、過疎化と高齢化が際立った地域です。
過疎化を示す具体例としては、輪島市の輪島駅まで通じていた七尾線が2001年に廃止され、能登町や珠洲市の珠洲駅を経由して能登半島東端近くに位置する蛸島駅まで通じていた能登線も、2005年に廃止されています。


jiko64ku144d.jpg


高齢化に関しても、奥能登地域の高齢化率(65歳以上)は48.9%と非常に高く、石川県で高齢化率トップの珠洲市(51.7%)をはじめ、能登町も50.4%となっています(令和2年時点)。
地震が起きなかったとしても、高齢化率はさらに高まっていったことでしょう。

そこに地震が起きたことで、金沢市などへ就職していたり、今回二次避難をした若い人たちのうち、将来的に奥能登の被災地に戻ってくる人は、ごく少数になることが予想されます。
莫大な費用をかけてインフラを復旧させ、街を完全復興させた後、どれだけの人が元の場所に住み続けるのか、住み続ける意思はあっても高齢の方々があと何年住み続けられるのか、若い人は戻ってくるのか、過疎化は止まるのか、高齢化は止まるのか、それを考えた時に、費用対効果という点で、過去の震災と比較しても「際立って悲観的」であると言わざるを得ません。

加えて被災地が「半島の先端部」であるという地理的条件も、物流の通過点ではないということで、各所で寸断された道路の完全復旧の是非すらも議論される可能性があります。

現在、全国各地で、廃止の議論の俎上に上がっている赤字ローカル線が、近年の台風や豪雨災害により橋梁が流されるなどして寸断されたままになっています。
元々が大赤字だった路線を、高額な費用をかけて復旧させたとして、今後利用者が増えるとは到底考えづらく、維持してゆくだけで費用が嵩むことから、中にはそのまま廃止になった路線もあります。
要するに、その路線は見捨てられたわけですが、このことと現在の奥能登地域が置かれた状況は、構造的には同じです。
しかし、被災地や被災者の心情を考えると、誰も「見捨てる」なんて言わないし、言えないし、将来的にも決して言えないでしょう。
でも、現実問題として、元の住んでいた場所に戻ったとして、地震発生前と全く同じ生活が出来るのか、地場産業は元通りになるのか、雇用は十分にあるのか、医療体制は確保されるのか、というと、どれも非常に厳しいという。。。

、、、これは本当に書いていてやるせなくなります。



予報大当たり 大雪です
2024年02月05日 (月) 21:54 | 編集
 
さぁ今年も恐怖の南岸低気圧がやってきました。
昨日の夜9時の時点での24時間後の今夜9時の予想天気図は、かなりヤバイ感じです。


fc2blog_20240206040950d5c.png


何がどうヤバイかって、低気圧の進路です。
ちょうど八丈島付近を通る予想です。
八丈島のチョイ北あたりを通ると本当にヤバいんで、しかも低気圧自体がそこそこ発達して1000hPaということで、この予想が当たれば大雪です。

ちなみにあの忘れもしない2014年の関東豪雪の時は、そもそも低気圧の発達度合いが今回以上の990hPaということに加えて、通過した位置が今回の予想と同じく八丈島のチョイ北の絶妙な位置を通って北方からの寒気をバッチリ呼び込みました。
加えて低気圧の通過スピードが遅く、長時間にわたり大量の雪が降り続きました。


14020818_202201080558520a9_20230211043535619_20240206042013323.png


ところで多くの皆さんは忘れちゃってるでしょうけど、昨年2023年の2月10日は東京都心で大雪警報が出たんです。
でも、みぞれ止まりで雪にならず、警報は空振りで、まさに大ハズレでした。
この時は、八丈島からはかなり北側、三宅島のチョイ北あたりを通過したため北からの寒気ではなく南からの暖気を多く呼び込んだからでした。


fc2blog_20230211043537d12_2024020604201085f.png


この南岸低気圧の通過コースは本当に微妙なところで予報を大きく狂わせる、まさに気象予報士泣かせなんですね。
もし八丈島の南(関東から離れたところ)を通過すれば、北からの寒気は呼び込むものの、関東からは離れるので降水量が少ない、要するに雪は降るけどパラパラなんですな。

さぁ、果たして今回は、、、残念ながら予報は大当たりでした。
24時間前の予想天気図と24時間後の今日の夜9時を比べてみると、これはほぼドンピシャと言って良いでしょう。


fc2blog_20240206040950d5c.png
fc2blog_20240206040948c27.png


ということで久しぶりの大雪です。
低気圧自体もそこそこ発達してるので吹雪にもなりました。
ただし、2014年の時ほどは発達しなかったのと、2014年の時より通過スピードが速いので雪の降り続く時間も2014年ほどの異常さはなかったので、豪雪にはなりませんでした。
それでも雪に慣れていない関東地方にとっては十分な大雪です。
明日は雪かき決定。
雪国の人たちには怒られちゃいますけど、、、憂鬱だなぁ。。。



一筋縄ではいかないという無力感
2024年02月02日 (金) 22:27 | 編集
 
元日に発生し、最大震度7を記録した能登半島地震で、地震による死者の約9割が家屋倒壊によるものであったとのこと。
一方で、津波による死者は珠洲市の2人、、、海岸付近の地盤が4〜5メートル隆起して防潮堤の役割を果たし、津波の被害が軽減された結果、倒壊死の割合が相対的に非常に高くなりました。

国土交通省によると、平成30年時点で全国の住宅の耐震化率は約87%ですが、戸建て住宅に限ると約81%に下がり、約560万戸が「耐震性不十分」であると推計されています。
能登半島先端部のような過疎地では、住民の高齢化が耐震化の進まぬ要因になっていることは明らかです。
残りの人生が10年だとして、今の家を継ぐ人間がいなければ、耐震化工事なんてお金もかかるし、何より工事期間中の仮住まいへの引っ越しだとか、高齢者にとっては負担が大きすぎて、とりあえずやろうと思いませんものね。

ちなみに、現行耐震基準前の昭和55年以前に建てられた住宅の比率は、珠洲市が65%で、全国の市区町村で最も高いのだとか。
続いて能登町の61%が第2位、輪島市の56%が第5位と、奇しくも能登半島って住宅の非耐震化が際立った場所だったんです。

ところで、現行耐震基準(昭和55年制定)の「きっかけ」になったのが、昭和53年に発生した宮城県沖地震です。
もうお分かりですね、昭和53年の地震で宮城県地域の耐震性の低い家屋は淘汰されているので、あの東日本大震災では家屋倒壊による死者の割合は低く、津波による死者の割合が圧倒的だったわけです。

こうしてみると防災対策ってのは本当に一筋縄ではいかないですね。
自然災害に遭う度に都市の弱い部分が破壊されて刷新され、それに対応して都市機能がアップデートしていくしかないのかな、、、などと無力感にさえ襲われます。

輪島の朝市を壊滅させた今般の火災にしても、周囲の土地が地震で隆起したせいで河川の水位が極端に低くなり、消火用の取水ができなかったことが被害拡大の要因とされていて、自然災害というのは常に人間の想定を超えてくるものだと痛感させられるのです。



昔から知ってる顔
2024年01月26日 (金) 22:26 | 編集
 
小さな頃からいつも、いろんなところに貼ってあったポスター、交番だったり、駅だったり、公共施設だったり、そのポスターでいつも笑顔で眼鏡のニーチャン。
もう余裕で顔が思い浮かびますもん。
その顔が夜のニュースでTV画面にバン!と出てきたんでね。
連続企業爆破事件の重要指名手配犯で、過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー、要するにテロリストですね、桐島聡容疑者ですわ。

警視庁公安部に身柄を確保され事情を聴かれていることを報じるニュースはインターネット上でも彼方此方に。
神奈川県鎌倉市の病院に入院中ということなんですけど、、、


456eiviuovewd.png


はい、もう余裕で分かっちゃいます、湘南鎌倉総合病院。
しかしまぁなんと言いますか、50年もの間、単独で逃亡できるわけがないんでね、どういう人間関係の中でどんなカタチで社会に関わりながら潜伏生活をしていたのか、非常に興味があります、野次馬根性ですけど。

そんなわけで、別にそんなわけじゃないんですけど、今夜の仕事終わりはヤオコー経由で帰宅しました。
イチゴのフルーツケーキが半額だったんで買っちゃうの巻。


IMG_7035.jpeg


食後のデザートってことで、ウイスキーとコーヒーとの三角食べ(飲み?)を愉しみました。



やはり舟唄でしょ
2024年01月12日 (金) 22:26 | 編集
 
9日の沖縄帰りの反省会の真っ最中、石狩亭の店内のテレビでニュース速報のテロップが流れまして、八代亜紀さんの訃報を知りました。
その後もニュースやワイドショーなどでも報じられておりましたが、やはり代表曲となると、一番手は「雨の慕情」なんですね。レコード大賞も獲りましたから。

でも、おいら的にはなんてったって「舟唄」です。
この曲だけは代わりがきかないというか、色々な素晴らしき演歌歌手の皆さんが八代さんのヒット曲をカバーされていますが「舟唄」だけは八代さんがダントツ。あの美空ひばりさん、あの坂本冬美さん、あの森進一さんをもってしても太刀打ちできない感があります。
もうね、歌唱力云々じゃないんですよ。歌唱力だけなら八代さんよりも上の歌手って結構いると思うんです。
例えば出世作の「なみだ恋」は本当に名曲ですけど、他の演歌歌手がカバーするとそれぞれの個性でどれもイイ感じになるんです。
でも「八代さんじゃなきゃダメ」っていう楽曲があって、例えば「おんな港町」なんかがそうなんですけど、中でも「舟唄」だけは本当に別格中の別格というか、八代さんのための「舟唄」だったなぁ、、、と思うものです。


456ohiioenieob.png



議論は必要でしょう
2024年01月06日 (土) 22:26 | 編集
 
昨年12月1日、日本の航空会社スターフライヤーは、ペットと飼い主が客室で一緒に過ごせるサービスを2024年1月15日から国内線全路線全便に拡大すると発表しました。
このニュースが、奇しくも今月2日の日航機と海保機の衝突事故で、乗客乗員379名全員が脱出に成功した一方で、荷物室に預けられたペットが救出されなかったことを受けて、にわかに注目を集めています。

定期便でペット同伴サービスを提供したのはスターフライヤーが日本初で、現在も日本唯一の航空会社です。
サービスそのものは路線や便を限定して2022年3月27日にスタートしています。

ペットの健康状態が良好であることや、鳴き声などで他の乗客に迷惑をかけないよう、十分トレニーングされていること、におい対策などが講じられていることなどが利用条件になり、搭乗前には同意書やワクチン接種証明書の確認などがあります。
利用料金は1匹5万円で、飼い主の運賃は別途必要です。
ペットを入れるケージの大きさは50センチ×40センチ×40センチで、スターフライヤーが用意するほか、規定サイズ内であれば利用客持参のものをそのまま持ち込めます。
ペットは最後尾の両側の窓側席を利用し、ケージをシートベルトで座席に固定、飼い主は隣に座ります、、、要するに1便あたり乗客1人+ペット1匹の組み合わせで2組限定ということになります。
なお飛行中はケージからペットを出すことはできません。
酸素マスクが出てきた場合も、ペットに酸素吸入することはできません。
緊急時に飼い主はペットは機内に残して脱出することが求められます。


IMG_4455_2024010709293436c.jpg


今般の事故でペットが犠牲になったことを受けて、JALやANAなど大手航空会社に対しても、ペット同伴を認めるべきだという声が大きくなっています。
しかし、ペットを同伴し、今回のような事故が起きた場合、飼い主と客室乗務員や他の乗客との間で押し問答が発生することは想像に難くありません。
具体的には「この子も脱出させてください」「この人が自分のペットを連れて行けるなら私にも命と同じくらい大切な荷物があるんです」「この子が脱出できないのなら私はここに残ります」などと言い出す人が出る可能性は高いでしょう。
緊急時に混乱が増幅し、その結果、本来なら助かったはずの命が助からなかったら、それは本末転倒です。
今回、奇跡的に379名全員が脱出に成功したことを受けて、スターフライヤー社内でも、ペット同伴の是非について議論が再燃しているであろうことは、容易に想像がつくのであります。



年明け2日連続で・・・
2024年01月03日 (水) 21:49 | 編集
 
未明に目が覚めて、酒もまぁまぁ抜けていることを自覚して、パソコンを開いてニュースをチェックすると、やはり能登地方では被害が拡大しておりました。
悲しいことですが、地震大国である我が国は、震災がいつどこで起こっても不思議ではないことを今一度肝に命じなくてはなりません。

そして、昨日は羽田空港で航空機事故が起きていたことを知って吃驚。
立て続けに大きな自然災害と大きな事故、、、「おめでとう」という言葉を思わず飲み込む年明けです。

滑走路上で衝突した海上保安庁のボンバルディアMA722みずなぎ1号は、乗員6名中5人が死亡。
一方、日本航空516便エアバスA350-900は、乗客乗員379名全員が脱出に成功とのことで、こちらは奇跡的と言って差し支えないでしょう。
客室乗務員の方々の訓練の賜物であると同時に、乗客の皆さんも少なからずパニックになったでしょうに、よくぞ乗務員の指示に従い整然と脱出〜避難を完遂したものだと思います。


456oievvenpnpe.png


写真は乗客が脱出して安全な場所に避難を終えてから暫く経ってから撮影されたものなので、この炎が上がっている最中に脱出したわけではありません。
どうしても報道にはインパクトのある写真を使いますからね。

さて、正月休みも今日が最終日。
昼からは7日ぶりに診療室に行って、大量に溜まっていた郵便物の整理をしました。
流石に年末年始ということで、FAXの件数は少ないですが、メールは容赦がないですね。
そんなこんなで、先月分のレセ作業をする前に結構疲れちゃいました。
それでも明日からの本業開始を前に適度なウォームアップになったと思うことにしました。

そして夜は、ノンアルコールを完遂。一昨日の月曜日が元日だったこともあり、お酒をスイスイ飲んじゃいまして、昨日は部活飲みだったので浴びるように飲んじゃいまして、ようやく本日水曜日を遅ればせながらの振替休肝日といたしました。
そんなわけで、副題は本来なら「休肝日はじめました23」の予定でした。



悲報
2023年12月19日 (火) 22:26 | 編集
 
既にご存知の方も多いと思いますが、、、


IMG_6595.jpeg


藤沢駅3番4番ホームの「駅そば大船軒」が、本年11月、ついに正式に閉店してしまいました。
9月から休業していたのですが、それでも「もしかしたら今年は異常に暑かったから売り上げが落ちたのかなぁ、寒くなったらまた再開するかもなぁ」と淡い期待を寄せていたのですが、それも儚く散ってしまいました。


IMG_1910_2022040708351821a_202306140756039f7_2023122008212227f.jpg


子供の頃からの思い出の味、味覚の原風景がまたひとつ消えてしまいました。
湘南の民の隠れたソウルフードといえば「大船軒」です。
たまに妙に食べたくなる甘めで濃いめの汁、これが心に沁みるのです。
こんなに安くて濃くてほんのり甘塩っぱい美味しいかけそばが他にあるでしょうか。

「閉店のお知らせ」には「近隣店舗のご案内」として「いろり庵きらく」だとか「濱そば」だとか表示してありますが、何を言っているんだ、と。
冗談も休み休み言え、と。
JR東なんざ何も分かっちゃいないのです。

これで残るは本郷台駅店だけとなりました。
遠征してでも食べに行こうかな〜。



ドーハの歓喜!
2023年10月28日 (土) 22:27 | 編集
 
今日10月28日は、ちょうど30年前、サッカーのアメリカW杯アジア最終予選のイラク戦で、オフト監督率いる日本代表チームが、ロスタイム(今で言うアディショナルタイム)の終了直前に痛恨の同点ゴールを奪われ、掴みかけていた初のW杯行き切符が掌からするりと落ちた、世に言う「ドーハの悲劇」が起きた日です。

奇しくも今日、まさに同じ日付、同じ場所、カタールで開催されている男子ハンドボールのパリ五輪アジア予選の決勝:日本対バーレーン戦が行なわれ、日本代表チームが32-29で勝利し、パリ五輪出場権を勝ち取りました。





競技は異なりますが、それも超メジャースポーツのサッカーに対し、マイナースポーツ代表の男子ハンドボールですが、強敵バーレーンを下してパリ五輪行きの切符を自力で獲得し「ドーハの歓喜」を成し遂げました〜!。
自力での出場権獲得は1988年のソウル五輪以来のことですが、この時は当時アジアトップだった韓国が開催国で無条件で出場資格を有していたので、今回その韓国に準決勝で快勝し、決勝でバーレーンにも勝利しての切符獲得ということですから、これは本当に凄いです。
今回も決勝ですらTVで一切中継されないですけど、マジで凄いことなんですから。


456oheoihvep.png


東京五輪で観たかったな〜、、、チケット持ってたのに、無観客開催でタダの紙切れに、、、これはもう本当に「コロナの悲劇」でしたわ〜。

以上、マイナースポーツ経験者のおいらがお送りしました。



Powered by . / Template by sukechan.