fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
せっかく伝統があるのに、もったいない、、、
2009年03月01日 (日) 23:21 | 編集
我が母校、藤沢市立片瀬小学校ですが、旧国民学校から現在に至る130年以上の歴史があり、しかも、鎌倉、室町、江戸時代からの名うての名所であり観光地である江ノ島が学区内です。

その校歌がこれ。

1.
流れてやまぬ 片瀬川
満ち干たがわぬ 潮時や
この心もて いくとせを
わが学舎(まなびや)に はげまなん
2.
なだたる富士の 朝がすみ
ゆうべ絵に似る 江の島や
その清らかさ 美しさ
わが明け暮れの 鏡なり
3.
江の島片瀬 高き名も
つねに思いて つとめなん
この名所に そむかざる
うましき清き 人たらん



ハッキリ言って、小学1年の時に覚えさせられましたが、歌詞の内容なんて何のこっちゃか全く解りません。

卒業する時も、まだ何のこっちゃか解っていませんでした。

でも、あの歳頃に覚えた歌詞ってのは今でも忘れないんです。

で、40を過ぎた今頃になって、思うんですよ、「なんて趣き深い歌詞だろう」って。

こういうことって、大切です。


でも、今の片瀬小学校では生徒にこの校歌をあまり歌わせないんですね。

歌詞が難しいから、というのが理由であることは、間違いのないところです。

だから、今の生徒達は基本的に校歌を歌えません。

で、校歌の代わりによく歌われているのが、今から約30年前の創立100周年記念事業で作られた「片瀬の歌」という歌。

今はこの「片瀬の歌」が事実上の校歌って感じですか?。
(ちなみに、おいらの世代は校歌も「片瀬の歌」も両方とも歌えます)


1.
片瀬の山に 朝がくる 樫のこずえに 日がのぼる
教室の 窓を開こう 今日もみどりの江の島が
元気でやろうと 呼びかける
2.
片瀬の海に 昼がくる 水平線に 雲がわく
砂浜を 走っていこう かもめが光にのってきて
大きくなれと 呼びかける
3.
片瀬のまちに 夜がくる 橋のあかりが 並んでともる
どの窓も 楽しさあふれ 波がやさしく歌うように
明日またねと 呼びかける




おいら、この歌にも愛着はありますよ。

歌詞も別に悪くないし、何より平易で解りやすい。



でもね、校歌を封印してしまうのは、寂しいとか、そういうノスタルジックな感傷だけでなく、なんか釈然としないわけです。



これって、現代の教育問題の縮図みたいなもんです。



(ちなみに、片瀬小学校という学校そのものは、今どきの公立小学校としては古き良き昔の小学校の要素をまだ残している方だと思います。集団登下校とかもしないしね)



昨年還暦を迎えた大学時代の同級生のブログにイイコトが書いてありました。

これ、おいらが思っていたことそのまんま。

まさに我が意を得たり。


意味が解るようになってから、などと言っていると、結局は何も覚えられないんです。



kfdjhaso.jpg


↑広重の浮世絵に描かれた江ノ島です↓


5kjchhasoi1.jpg



関連記事
コメント
この記事へのコメント
片小の校歌は良い歌だよね。
おいらは校歌>片瀬の歌 だなあ
片瀬の歌の作曲は平尾昌晃(字あってるかなあ)だよね。一応OBだそうで。
2009/03/02(月) 17:40 | URL | 同級生 #-[編集]
おいらも校歌>片瀬の歌 だなあ。
え?平尾昌晃って片小の卒業生なの?
そうなんだぁ。
でも彼で思い出すのは、やっぱり「カナダからの手紙」ですね。他にも名曲は数々ありますが。
2009/03/02(月) 19:44 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
片瀬の歌の何とも甘く切ない響きが子供心に好きでした。
校歌の歌詞は秀逸ですが、硬質で単調な(軍歌のような?)メロディーがあまり好きではなかったです。
結局一番残念だったのは、小学校生活の途中からどちらの歌も歌えなくなったこと…新林小学校創立に伴う転校指示、でした。
2009/03/03(火) 08:06 | URL | 茂木先生の少し下の学年 #-[編集]
少し下の方、コメントありがとうございます。色々な人達に支えられていることを再認識しております。
ああ、、、そうかぁ、、、そうですねぇ。おいらのひとつ下から新林に転校を余儀なくされた人達がいたんですものね。
当時子供ながらに何となく寂しかったのを憶えています。
中学に入ってからは村岡中学校が出来てこちらも転校指示、、、
少子化の今じゃ考えられないことですね。
2009/03/03(火) 09:43 | URL | MG #Qi8cNrCA[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.