fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
継続することの偉大さについて
2019年12月21日 (土) 23:39 | 編集
 
仕事終わりに湘南モノレール〜東海道線〜根岸線と乗り換えて、横浜は桜木町にやってまいりました。


IMG_5391_20191222155138878.jpg


もうね、街はクリスマスモードに溢れかえっておりますよ。


IMG_5393_201912221551398ab.jpg


ランドマークプラザからクイーンズスクエアを通り抜け、インターコンチネンタルホテルにやってまいりました。


IMG_5401.jpg


今日は神奈川歯科大学21回生の卒後30周年の同窓会です。
まずは本学に常勤で在籍している唯一の同期の教員ということで、TMY准教授の御挨拶からスタートです。


IMG_5395.jpg


久々にCST嬢と再会、、、変わらないなぁ〜。。。


IMG_5398_20191222155142d05.jpg


今回の30周年だけでなく、毎年恒例の21回生の忘年会を幹事として仕切ってくれるARWとの2ショット、、、


IMG_5404_20191222155145751.jpg


彼の人望の厚さがあってこその継続ぶりで、本当に頭が下がるというものです。


IMG_5405_20191222155146b1e.jpg


おそらく1回だけの打ち上げ花火的な同窓会だったら、それでも幹事は超がつくほど大変ですけど、きっと何とかなるんです。


79714214_2558543580930894_7470177617967054848_n.jpg


しかしそれを毎年毎年継続するというのは本当に本当に大変なこと。


IMG_5410_20191222155148e27.jpg


それをもう20年に渡って開催していて、、、


IMG_5412.jpg


しかも人数が漸減して尻すぼみになることもなく、、、


IMG_5414_20191222155422387.jpg


毎年毎年、北は北海道から、南は九州から、同級生が集まってくるというね、、、


IMG_5415_20191222155424a92.jpg


もう本当に奇跡的と言っても過言ではない、まさにARWの偉業だと思うものです。


IMG_5419.jpg


この偉業を成し得ているのは、幹事のARWによる同級生一人一人への地道な声かけなんですな。


IMG_5422_20191222155427320.jpg


楽をしようとしてSNSなどのインターネットだけに頼ったりすることなく、、、


80543978_2477510212519549_3666902850937552896_n.jpg


アナログな泥臭い手法こそが人の心を掴む、ということの好例と言って差し支えないでしょう。


80622777_972385696477905_6855765482369187840_n.jpg


今回の30周年、本当は10月12日に開催予定だったんです。
それがあの台風19号の直撃を受けて急遽中止。本日に変更になりましてね、幹事の苦労たるや筆舌に尽くせないものがあったでしょうに、、、


IMG_5435_20191222155428bbc.jpg


そんなことを微塵も感じさせないARWには只々感謝するのみであります。


IMG_5436_20191222155430461.jpg


お開き後はクリスマスツリーをバックにチーム金谷で3ショット。


80768010_2507565362834003_2316149607874166784_n.jpg


その後はタクシーに乗って2次会の行われる関内の「潜裏」というお店に行きました。
ポテサラにはいぶりがっこが和えてあって、これがナイスなアテで美味。


IMG_5447.jpg


2階のフロアをまるまる貸切で話に花が咲くのでありました。


IMG_5449_201912221557232c3.jpg


そんなわけで、日付が変わって10分程経ったところで、おいらは後ろ髪を引かれながら中座。
関内駅から根岸線の上野行き終電に乗って、横浜で横須賀線の逗子行き終電に乗り換えて、戸塚で東海道線の小田原行き終電に乗り換えて、藤沢で小田急線の片瀬江ノ島行き終電に乗り換え、4つの終電リレーで無事に帰宅いたしました。
ちなみに、横浜から戸塚までわざわざ横須賀線に乗っているのは、東海道線よりも圧倒的に空いているから、、、戸塚では同じホームからの同時発車ですから、乗り遅れる心配もありません。
皆様も横浜から終電でお帰りの際は是非お試しくださいませ。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.