fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
腕が、、、腕がぁ〜っ!!
2021年06月17日 (木) 22:23 | 編集

昨日(16日)、新コロワクチンの接種(2回目)を受けまして、明けて本日、目覚めたところ体調はなんともなかったんですけど、左腕が超痛い、、、1回目よりも明らかに痛くて、もちろん過去に経験したインフルエンザワクチンよりも圧倒的に痛いです。
もうね、左手で何か物を取ろうとするとそれだけで痛いので、常に脇を閉めた状態を心がけるわけですよ、、、だから髪の毛洗うのも一苦労、、、リュックを背負う瞬間もイタタタって感じです。

治療中、どうしても左腕をかばっちゃうので、無意識のうちに無理な診療体勢になるんでしょうね、、、その影響か、首から肩〜背中の僧帽筋までゴリゴリ&バキバキに張っちゃって、診療終わりの時点でもうヘロヘロでした。
もしも利き腕の右腕に打ってたら大変なことでしたねぇ。
1回目の時は左腕を下にして寝れなかったものの、インフルエンザワクチン接種後と同じ感覚でしたから、あ〜こんなもんか〜って思ってましたけど、2回目はもう全くの別物でした。

で、体調ですが、朝から午前中は問題なかったのですが、接種後19時間くらいから軽い倦怠感と軽い悪寒がしまして、午後に体温を測定したら37度5分、、、頭痛や関節痛はありませんでしたが、それなりに副反応は出ましたです、はい。
まぁワクチンを打っていなければ「ん?、風邪ひいちゃったかな?」というレベルなので、仕事を休もうとは全く思わないですし、もし学生だったとしても休むという選択はせずに学校に行くレベルでした。

当院のスタッフはおいらよりも強めの副反応が出たようで、カロナールを飲み飲みなんとか仕事をこなしてくれました。
やはり1回目より2回目、男性よりも女性、年配者よりも若年者で副反応が出る確率が高く、症状も重い傾向にあるというのを実感しました。
しかし、もちろん個人差がありまして、若い女性でも出ない人は出ないですし、1回目で副反応が重めだった人が2回目はどうなることかと戦々恐々としていたところ何もなくて拍子抜け、という例もあるようです。
全体としては、腕の痛みを除けば副反応は出ない人の割合が高いですし、ネット上の噂とかを気にしすぎるのは禁物だと思います。

ワクチン接種日が決定した時点で、その翌日(今日)の当院の予約は既に8割以上埋まっていたので、残りの空き枠には予約を入れないようにしておりましたが、結局そこに急患も入りましたので、通常営業に近い状態、、、まぁなんとか1日を終えることが出来ましたが。。。
でも、可能であれば、接種の翌日の仕事は休みにするか、軽めの仕事にしておく方が(石橋を叩いて渡るという意味で)無難ですね。

ちなみに、当院ではスタッフに1回目の接種前にカロナール(アセトアミノフェン)を渡しておきました。
1回目に副反応が出た人は2回目接種前の30〜60分前に400mg服用するように推奨しておりました。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.