fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
どうなる中国
2022年11月28日 (月) 22:27 | 編集
 
連日サッカーワールドカップの話題で盛り上がるネットやTVです。
試合結果で一喜一憂しまくり、自国代表チームに対して手のひらがコロコロと返りまくるところが盛り上がりを象徴していると言えますし、サッカーが世界的人気スポーツたる所以でしょう。
国によっては殺人事件に発展しますしね。

そんな中、今夜のニュースのトップはかなりの時間を割いて、お隣の中国の話題でした。
厳格なゼロコロナ政策が続く中国で、人民の不満が爆発しかけており、中国国内の主要都市でデモが同時多発的に起きています。
香港を除けば、こんなことは「天安門事件以来なかった」わけで、ニュース解説をする中国情勢に詳しい専門家が「一様に驚きを隠せずにいる」ことが現状を象徴しています。


000277536_1920.jpg


メンツを最重要視する中国共産党指導部がゼロコロナ政策を転換する(要するに今までの政策が誤りであったと認める)ことは考えにくく、もし転換すればそれは習近平退陣を意味しますし、だとすると今後はデモに対する弾圧が強化されるのか、それとも不満の矛先を逸らす目的で台湾有事を敢えて起こしたりしやしないか、、、など、不安要素は尽きません。

今が「第2の天安門」の前夜なのかどうかは分かりませんが、疫病をきっかけに王朝崩壊するなど、権力構造が大きく変化することは過去の歴史が物語っています。
人間はしばしば疫病に自己を失い、国や文明、社会を崩壊させてきました。
人間自身が疫病以上に人間の敵になることも珍しくありません。
その一方では厄災から再生し、より高みを目指す動きも起こしてきました。
現在の中国がどの位置にいるのか、目が離せません。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.