fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
朝令暮改OKです
2023年08月05日 (土) 22:25 | 編集
  
「朝令暮改」という言葉って、通常は悪い意味で使われますよね。
政治でこれをやれば必ず批判されますし、職場の上司が朝令暮改の常習者だったら部下はたまったものではありません。
やはり、ブレることのないリーダーは信頼されますし、初志貫徹のように良い意味の四字熟語もあります。

しかしながら自然災害が絡むケースになると話は別です。
今般の台風6号がまさにそれ。
当初は西進して中国大陸へ抜けると言っていたのに、、、


456kjbogrweoi.png


ある日突然、踵を返す予想になりました。
しかし、ブレずに当初の予報を堅持していたら、それはもう大変なことになりますからね。


456oiowegroh.png


朝令暮改の許される職場に、我々の医療現場があります。
患者さんの状況は変化しますし、患者さんからの要望も変化します。
だから治療計画の修正などは日常茶飯事。
治療を始めてみたら当初の予想と違っていた、なんてことも日常茶飯事。
アシスタントに指示していたことが10分後に変わることも珍しくありません。
むしろ、状況の変化や想定外の事象に素早く対応し、的確に修正することが求められます。
だから「出される指示がコロコロ変わるのは絶対に嫌!」という人は医療現場では働けない、ということになります。

「名医」の定義は?、というのがあったとして、それをサッカーで例えるなら、一般の人が想像するのは「高速ドリブルで一直線にゴールを目指し華麗にシュートを決める」ようなものかもしれませんが、実際にはボールを奪いにくる多数のディフェンダーがいますからね、「瞬時に周囲の状況判断をして奪いにきたディフェンダーをかわしつつ、なんとかシュートまで持っていく」というのが現実的なイメージだと思います。
要するに「俺はいつも100点しか狙わない」人ではなく、「困難な状況でもコンスタントに70〜80点とる」人が名医なんだと思いますです、はい。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.