fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
片瀬の名刹 常立寺
2024年01月19日 (金) 22:27 | 編集

建物をライトアップすると綺麗ですよね。
冬場は各地でライトアップが行われ、それが即席観光名所にもなったりして、カップルにとっては格好のデートスポットになったりもします(涙)。
ライトアップされる対象はやはり近代建築、もしくは洋風建造物というイメージがありますが、和風建造物のライトアップもまた趣深くて良いものです。
洋風の場合は青や赤や緑のようなカラフルなライトアップが似合いますが、和風の場合は電球色の単色がイーデスハンソンですよね。
今日の仕事終わりの帰り道、常立寺の前を通ったら、お寺がライトアップされていたので、思わず足が止まりました。


IMG_6982.jpeg


江ノ島詣の旧参道に建つ日蓮宗のお寺、江ノ電の江ノ島駅から徒歩2分ほどの場所にある常立寺。
歴史的にもゆかりがあり、古くから地元の人たちに愛され親しまれてきた片瀬地区の名刹です。
春には枝垂れ梅が咲く、落ち着いた佇まいの境内。
初春の2月~3月には、境内にある立派な枝垂れ梅が咲き始め、お寺を訪れる地元民や観光客の目を楽しませてくれます。
静かな佇まいの境内で、赤や白に花咲く梅の木々を眺めていると、春の足音が聞こえてきて、どこかホッとするひと時を感じるのです。

しかし、この梅の木の下には沢山の御霊が眠っていることも忘れてはなりません。
今から800年ほど前、鎌倉に幕府があった時の片瀬の龍口寺は、罪人を処刑する「 龍ノ口刑場 」であり、その亡骸は近隣の常立寺に埋葬されていたという諸説があります。

そんなわけで、今夜はなぜライトアップされていたのか、全く知らない分からないおいらなのでした〜。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.