fc2ブログ
incho.gif
 院長:茂木信道の診療室へお越しの方はコチラからど~ぞ
 2005年3月以前の旧院長室はコチラからどうぞ
説明って大切!
2024年05月10日 (金) 22:27 | 編集
 
当院は昨日、一昨日と2日連続で休診日だったせいもあり、特にこのところ寒暖差が大きいということもあり、急患の方が何人もいらっしゃいました。
今日は全てが外れた・かけた、ですね。
コロナ禍以降、当院では間違いなく、外れた・かけたという患者さんが増えました。
それから、激しいファセット(咬耗)や、極端なWSD(楔状欠損)も間違いなく増えました。
要するに、皆さんコロナ禍以降、以前よりも噛み締め・食いしばり・歯ぎしりが明らかに増しているということだと思います。
コロナ禍を経てストレスフルな生活になったんだろうな、と思うと同時に、もしかしてこれってコロナの後遺症のひとつ?、とか、ワクチンの副作用のひとつ?、とか邪推してしまいます。

さて、そんな急患過多な診療終わりで、最後の患者はおいら自身です。
今夜は当院OBのMTS先生が、わざわざ当診療室まで来てくれたのでした。
6日に抜髄されてしまった、件の右上6番の後処置をお願いしたというわけです。
根管治療は最初から最後まで1人のドクターが行うに越したことないのですが、今回ばかりはそういうわけにまいりません。
仮封を外したところ、綿栓は2本入っておりましたが、今日は残随していた口蓋根を含め3根管の処置をしていただきました。
6日の時には皆無だった当該歯の状況説明も詳しくしていただき、おかげさまで気持ちがかなり落ち着き、楽になりました。
明日以降、この歯の痛みが徐々に緩解してゆくことを期待したいと思います。

、、、今夜はお酒が美味かった。



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.